キャリアの方へTo the carrier

東 勝義Higashi Katsuyoshi

税理士法人 中央総合会計事務所
長崎オフィス
監査4グループ所属

プロフィール
平成28年5月入社
長崎県諫早市出身
特技はこれと言ってなし
詳細はこちら

小野 由紀子Ono Yukiko

税理士法人 中央総合会計事務所
長崎オフィス
監査4グループ所属

プロフィール
平成25年10月入社
広島県広島市出身
特技は暗算
詳細はこちら

小野 由紀子Ono Yukiko

税理士法人 中央総合会計事務所 長崎オフィス
監査4グループ所属

近年、税理士法人中央総合会計事務所では
「キャリア採用」にも力を入れています。
平成25年に中途採用で入社した小野さんは、
入社当時から即戦力として活躍しています。
明るく素直な性格と、積極的な仕事ぶりで
人気者の小野さんから、これから転職など、
キャリア採用を検討している方への
アドバイスなどお願いします。

2017年1月現在


監査業務の基本業務に
なると思いますが、
小野さんの主な仕事内容に
ついて教えて下さい。

主に小売業やサービス業のお客様を担当しており、税金に関わるサポートをしています。
具体的には、毎月の経理処理の確認や決算書など税務署類の作成、税務相談への対応などです。
お客様のニーズに答えたいという気持ちが、自分自身のモチベーションにつながっています。

ほかに専門的に取り組んでいる
仕事はありますか?

相続関連(相続税申告、非上場株式の評価)の業務に取り組んでいます。

仕事と勉強の両立は大変だと
思いますが
小野さんが税理士を目指した
理由はなんですか?

大学時代に会計・税務の勉強をする中で、税の奥深さ、面白さに興味をもち、税理士を目指しました。
現在も勉強中です。

なるほど。
そんな中で
「中央総合会計」を選んだ理由は
何ですか?

福岡の税理士法人に3年弱務めた後に、中央総合会計へ入社しました。
前職時代の先輩から、勧めてもらったことがきっかけです。

入社してみて、当初の想像と
違ったことはありましたか?

もともと同業種での勤務経験があったため、大きな違いは感じませんでしたが、中央会計では複数人体制での担当が多く、グループで協力、知識の共有をすることができ、一人では達成できない業務に取り組むことができることにやりがいを感じています。

「中央総合会計」のどんなところが
良いと思いますか?

複数人体制での担当が多いこともあり、社内のコミュニケーションが円滑です。
キャリア採用とはいっても私は経験年数が浅く、解決できない事案などは上司や先輩に相談しやすい環境は恵まれていると思います。
日常の業務は多忙ですが、それ以上にやりがいを感じることができ、自分が成長できる場であると実感しています。

では、転職等を考えている
キャリアの方への
アドバイスをお願いします。

中央総合会計では、自分が積極的に取り組みたいと思う分野に関われる環境が整っています。
たとえば、相続関係の仕事をしたい、医業関係のお客様を担当をしたいと希望を伝えれば実際にチャンスを与えてもらえました。
中央総合会計は、色々な分野に挑戦する機会があり、自分自身の成長を実現できる職場だと思います。

最後に、小野さんの今後の目標や
抱負を教えて下さい

お客様の役に立てるよう、信頼してもらえるよう、向上心や学ぶ姿勢を常に忘れず、成長していきたいと思います!

多忙な中、インタビューへの協力ありがとうございました。
小野さんの更なる活躍を期待しています。


東 勝義Higashi Katsuyoshi

税理士法人 中央総合会計事務所 長崎オフィス
監査4グループ所属

東税理士は、H28度5月入社の新人にもかかわらず、入社直後から即戦力として活躍していますが、キャリア採用の場合、即戦力としての期待が高い分、事務所になれるまでには苦労も多かったと思います。
明るく誠実な人柄で、今では、皆さんに頼りにされているのではないでしょうか。
東税理士からも転職など、キャリア採用を検討している方へのアドバイスをお願いします。

2017年1月現在


東税理士の主な仕事内容について
教えて下さい。

中小企業のお客様を毎月訪問し、会計のチェックや社長様と財務、税務に関する打ち合わせを行っています。
また、決算書や税務申告書の作成も行っています。

今、専門的に取り組んでいる
仕事はありますか?

今、力を入れて行っている仕事は、「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の申請書作成業務です。中小企業のお客様が生産プロセスの改善など経営力を向上させるための設備投資を支援するための補助金となりますので、お客様が採択されるように申請書を「読みやすく」、「見やすく」を心かけながら申請書を作成しています。

税理士になろうと思った
きっかけなどは有りますか?

もともと数字は好きな方であったので、数字を扱う仕事がないか調べると公認会計士や税理士がありました。
税理士の方が地元長崎のために活躍できる仕事だと思ったことが税理士を目指したきっかけになります。

数多ある会計事務所の中から
「中央総合会計」を選んだ
理由はなんですか?

以前は、福岡の会計事務所に勤務していました。地元が長崎ということで、福岡で勤めていた時からいつかは長崎に帰って、地元・長崎の中小企業のために仕事がしたいとずっと思っていました。
いざ、長崎に帰ることを決断したとき、長崎のどの会計事務所に勤めるかインターネットや業界紙で調べました。
調べていくと、中央総合会計は「事務所はお客様の実験場(まずは自社で体験し、その体験をお客様に伝えていく)」と謳っており、お客様のために尽くしていく姿勢がうかがえたことが決め手になりました。
そして、募集はしていなかったものの私から一方的に連絡をとり、履歴書等を送って今に至ります。

まずは行動してみる事ですね。
入社してみて、予想と違ったことは
ありましたか?

予想以上に新しいことに取り組むスピードが速いことです。クラウドやFinTechなどの出現により会計業界でも大きな変革の時期を迎えています。
中央総合会計では、お客様が時代の流れに遅れないよう、まずは「お客様の実験場」となりこれらの取り組みを始めています。

「中央総合会計」のどんなところが
良いと思いますか?

長崎の会計事務所の中では、従業員数は多い方だと思います。
人数が多いとなかなかコミュニケーションが取れないことがありますが、中央総合会計では従業員同士のコミュニケーションはとれており、明るい雰囲気で仕事ができていると思います。

「中央総合会計」へ転職など
検討をしているキャリアの方への
アドバイスはありますか?

中央総合会計では、毎月所内研修会があります。外部講師を招いたり、職員が講師をしたりと勉強できる場がたくさん用意されています。
ベテランの職員もたくさんいるため、わからないことがあると親身になって教えてくれます。
中央総合会計は働きやすく、成長できる場も与えてもらえるため、自分次第で大きく成長できる場所だと思います。

最後に東税理士の今後の目標や
抱負を教えて下さい

私は、この業界に入ってからずっと地元の中小企業のために仕事がしたいと思い続けています。
中小企業を財務面からサポートし1つでも多くの企業のお役に立てるように仕事に取り組んでいきたいと思っています。

多忙な中、インタビューへの協力ありがとうございました。
東税理士の更なる活躍を期待しています。